Gallery

鳴海英郷のイラスト・漫画ページです。
 
当サイトHOME
141_1.gif
当サイト「鳴海α」のHOMEに戻ります。
(別窓)
 
SAIでアナログに近い線を描く為の試行錯誤メモ
JUGEMテーマ:イラスト
 お久しぶりです、鳴海英郷です。
夏コミ原稿に没頭しており、ずっと姿を現しませんでしたがちゃんと生きておりますっ!(゜▽゜;)
本日はかねてからの悩みを解消するべく、実験してみました。

〜なぜアナログの風合いを目指すのか?〜
ペイントツールSAIは「始めた日からプロの線(うろおぼえ;)がひとつのウリです。
ゆえに、アナログの時とは違う、滑らかでゆがまないペンラインが美しく、私もいつも愛用しています。

しかし…
あまりにも滑らかすぎて、たま〜に綺麗というより「ぬるりとしている」と感じる事も( ̄~ ̄;)
モニターで見た時にはわからないのですが、印刷すると、こう…(汗)
うまく表現出来ないのですが、生理的に「ぞくり」とくる何かが、デジタルのペンラインにはあるのではないか…。
そう思ってしまったのです。
(友人に相談したら、考えすぎだと言われました/笑。でも気になった以上はなんとかしたい!)

手ブレ補正を弱めたらいいんじゃないか…というご意見もありそうですが、
直線すらマトモに引けない私にとってはこの機能こそが生命線なので(苦笑)、
線の設定をいじるだけにしました。


〜実際、アナログ線てどんな感じなの?〜
デジタルの線をアナログ風にする方法は、pixiv等を探すと結構見つかります!
(UPしてくださった絵師様方、いつもお世話になっております!)
なのでその通りにペンの設定等をすればいいのですが…

そもそも、アナログ線ってどれくらいガタガタしてるものなのか?
気になってしまいまして(笑)

なので、自分の過去原稿を引っ張り出してきたらばこれがまたひどいガタガタっぷりでした;

10年以上前と思われるカット。スクエニ大好きでした

↓100%原寸(600dpi)

全部丸ペンで描いたと思われるカットですが、下描き線の通りになぞろうとするあまり、スピード感も強弱もないボコボコした線に…。
自分は何もこんなガタガタ線をSAIで表現したいわけじゃないので、もっと綺麗なサンプルを用意することにしました。


(…などといいながらなかなかの汚さ;久しぶりだからと言い訳してみる)
実際に丸ペン・Gペンに墨汁をつけ、勢い良く引いてみました!
これをスキャンして、見比べながらSAIのペン(鉛筆)設定をすればちょっとはアナログ風になるのではないかっ?
下描きをなぞりながらはみ出さないようがんばった線…だともうちょいガタガタするはずですが、
やっぱり線は綺麗に越したことはないので、今回使ったサンプルはこれだけです。

↓100%原寸(Gペン)


↓100%原寸(丸ペン)


…どうでしょうか?
何か、意外なほどなめらかでしたね(苦笑)
ただ入り抜き部分が、普通のデジタルの線ならもっと細い印象です。
これを踏まえてSAIのペン(鉛筆)設定をしてみると、こうなりました↓




Gペン



(手ブレ補正値S-1の場合)


_______________________________________________________________

丸ペン


(手ブレ補正値S-1の場合)



___________________________________________________________

この設定で描けば、それなりにアナログに近い雰囲気になるのではないかなぁ…と(汗)
よりアナログらしいガタガタ感を出したい時は、「ブラシ形状」や「ブラシテクスチャ」の強さを上げます。
(後で2値化するのも、アナログっぽく見えるポイントかと)

ちなみに、ブラシテクスチャの「鉛筆2」はこちらのサイト様からダウンロードさせていただきました!
http://xxlost.com/

さて、モノクロ原稿を前提に設定してみましたが、カラー原稿の場合はこの限りではありません。
「筆圧」の「濃度」にチェックを入れたり、ブラシ濃度を気持ち(10〜20ほど)下げると、色とのなじみが良くなる気がします。
(アナログっぽさを追求するなら、このままの設定でも大丈夫!)

___________________________________________________________

自分もまだまだこれで納得したわけではないので、今後また設定を変えていくかもしれません(゜▽゜;)

ひとまず、夏コミの新刊は、
1、今までどおりの滑らかペン設定で描いたもの
2、今回のペン設定で描いたもの
この2種を発行します。
刷り上がりがどうなるか、不安と期待が半分ずつ…!

後日、結果と感想をUPする予定です!ヽ('ヮ'*)ゝ

Copyright (C) 2012 鳴海英郷/SUN GROUP イラスト・文章の無断転載を禁じます。

みんなのブログポータル JUGEM